吉本新喜劇の成り立ち

吉本新喜劇の成り立ちは、1959年のうめだ花月劇場開場と同時に「吉本ヴァラエティ」として発足したのがはじめと言われています。

お笑いブーム真っ盛りの1980年頃に、吉本興業のタレントの全国区進出を成功させましたが、古いスタイルにこだわる吉本新喜劇は、客足が減りつつありました。

そこで再生プロジェクトとして、期限までに観客動員数が目標値に達しなければ吉本新喜劇をやめるというセンセーショナルな「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」を開始し、人気が回復。

お笑い芸人、間寛平やレイザーラモンのようなスターも生んでいます。

吉本新喜劇の池乃めだか、チャーリー浜などは、テレビの影響などで全国的な人気を得るまでになっています。

吉本新喜劇の人気お笑い芸人

吉本新喜劇のスターといえば、古くは岡八郎や花紀京、今では池乃めだか、内場勝則、チャリー浜あたりでしょうか。お笑い芸人として吉本新喜劇から独立した間寛平などもあげられます。
お笑いハードゲイとして知られるレイザーラモンも、もとは吉本新喜劇に出演していました。
お笑いの世界からプロレス界に行き、またお笑いに戻った山田花子も「カモ〜ン」「汗ばむわぁ〜」などのセクシーな口調のギャグで吉本新喜劇で人気が出、全国的お笑いタレントなりました。

お笑い通の中では、島木譲二、中山美保、浅香あき恵、辻本茂雄、内場勝則、小籔千豊なども、吉本新喜劇で人気があります。

スポンサードリンク